AI時代でも消滅しない職業

先月から今月にかけて、「育脳ピアノレッスンの教科書」という講座を受けました。

音楽がもたらす脳への良い影響を学び、改めて音楽の素晴らしさを一人でも多くの方に伝えたいと思いました。

少しずつこのブログでもお伝えしていきたいと思います。

ピアノを習っても将来、仕事に結びつかないし‥

そう思う方もいらっしゃるかも知れません。

令話の時代、AIの発達で多くの仕事がなくなってしまう‥

と世の中で騒がれ、子どもたちの将来の夢にも変化が出はじめました。

そんな中、プレジデントオンラインによるランキングは次のように出されました。



「音楽アーティスト」「教師」がランクインしています!

ピアノの先生もピアニストも、AIに取って代わることはできない大事な仕事ということになります。

また、仕事の中で音楽教育に携わっている

幼稚園の先生、保育士さん、小学校の先生もそうですね。

子どもの行動は突拍子もなく、AIが対処仕切れないそうです。

うちの1歳の息子も、ピアノの鍵盤に向かう前に何度もピアノの蓋を開けたり閉めたりを繰り返してみたり。

動き回っていたと思っていたら急に「抱っこして〜」と要求してきたりと、1日の中でも予測や期待とは裏腹なことだらけです。

 

お子さんを相手にする先生業、音楽に関わる仕事は時代が変化しても生き残っていける職業なのですね。嬉しいです😌

 

お仕事でピアノが必要な方、保育士さんや幼稚園教諭、学校の先生を目指す方のサポートもさせていただいています🌼

関連記事

  1. 音楽は思いやりや自制心を育てる〜マシュマロテスト〜

  2. 音楽トレーニングとIQの関係

  3. 音楽で脳の構造が変わる!その秘密は?

  4. 実行機能

  5. 音楽は言語の発達にも良い影響がある!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。