クラシックを聴くと10の驚く効果がある その3

連載しております、「クラシックを聴くと10の効果がある」についての第3回になります。
今回は、ストレス痛みを和らげるという効果について‥

◆ストレスレベルを下げる

特にストレスを感じている場合は、クラシックの曲を聴きましょう!
ある研究では、クラシック音楽を聴いた妊娠中の女性は、妊娠中にストレスを感じる可能性が低いことがわかりました。
科学者は、クラシック音楽の速さは心臓の鼓動の速さに近いために、不安と鬱の両方を和らげる助けをするという見解を示しています。

クラシック音楽を聴くことは「妊娠中のストレスを和らげることができます」(こちらから引用)https://translate.google.com/translate?depth=1&hl=ja&prev=search&pto=aue&rurl=translate.google.com&sl=en&sp=nmt4&u=http://www.dailymail.co.uk/health/article-1069901/Listening-classical-music-relieve-pregnancy-stress.html

子守唄、クラシック音楽、自然の音を聞く母親は、妊娠についてストレスを感じる可能性が低いと研究で示されています。
妊娠中の女性を2組に分け、第1グループの116人には4つのCDを渡し、第2グループにはCDを渡しませんでした。各CDは30分の音楽が入っていて1枚目のCDには子守唄、2枚目はクラシック音楽、3枚目は自然音、4枚目は中国で一般的な童謡や「きらきら星」などの子供用の曲をニューエイジ風にアレンジした音楽を収録しています。
女性たちには、2週間、毎日1枚以上のCDを聴くようにしてもらいました。
結果は、音楽を聞いたグループの人々が、ストレスのレベルや落ち込んだり心配している度合いが、はるかに少ないことを示しました。
チェン教授は、次のように述べています。
「音楽グループは、わずか2週間でストレス、不安、抑うつを大幅に軽減しました。」

 

◆痛みを和らげる

タイレノールなどの鎮痛剤に手を伸ばす代わりに、バッハまたはベートーベンのプレイリストを再生することを検討してみましょう。複数の研究により、クラシック音楽を聴くことで痛みを和らげることができることが示されています。

ロンドンの研究者によると、クラシック音楽を聴く患者は、鎮痛剤の使用を大幅に減らしました。音楽と医学の連携:音楽は手術中の痛みや不安を和らげることができます(こちらから引用)

https://translate.google.com/translate?depth=1&hl=ja&prev=search&pto=aue&rurl=translate.google.com&sl=en&sp=nmt4&u=http://www.npr.org/sections/health-shots/2015/08/13/431695242/sutures-with-a-soundtrack-music-can-ease-pain-anxiety-of-surgery

Your brain on music | Alan Harvey | TEDxPerth

音楽はホルモン・ドーパミンに影響するのです。


次回へ続く!

 

関連記事

  1. ピアノdeクボタメソッドの効果

  2. アーティストを目指す上でもピアノが活きる

  3. 音楽は思いやりや自制心を育てる〜マシュマロテスト〜

  4. コードの学び

  5. 「ピアノを教えるってこと、習うってこと」

  6. 音楽教育が学問に及ぼす影響 その①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。